アニメーターになるには専門学校へ行くべきか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!ひまりです【@hima_hutaba

将来専門職に就きたいという方は誰もが悩んだことがあるであろう進路選び…

アニメ業界も同じです。今はアニメ業界の発展のおかげで、全国各地にアニメーションについて学べる専門学校が沢山あります。

今回は、アニメーターになるには専門学校へ行くべきかどうか、実際に私がアニメーションの専門学校へ通った経験を踏まえて書きたいと思います。

アニメ業界を目指している方はぜひ参考にしてください!

↓私がアニメ業界に実際入って経験した記事はこちら!

【ブラック企業】アニメーターは辛い!経験者が語るアニメ業界の現状

スポンサーリンク

アニメーターになるには専門学校へ行くべきかどうか

結論から申し上げます。

行く「べき」ではないです!

大事なのは「べき」ではないということ。私は実際に通ってアニメーターとして会社に内定を貰い、就職をしましが、「アニメーターになりたいから専門学校へ行かなきゃ」という考えは持つべきではないと思いました。

ここからは、専門学校へ行くべきではない理由と行って良かったことについて書いていきます。

アニメーターになるには専門学校へ行く「べき」ではない理由

ではなぜ行くべきではないと私が思ったのか掘り下げていきたいと思います。

最低限の準備さえできていれば就職できる

これを言ってしまえば終わりかもしれませんが、そもそもアニメの専門学校は最低限のアニメの作り方、パソコンソフト(adobeやCLIP STUDIO等々)の使い方、を教えてくれるところです。

キツイ言い方になりますが2,3年専門学校に通ったところでアニメの作り方を極められるわけでも無ければ、就職に絶対強くなるわけではありません。

むしろ独学で就職試験に臨んだ人の方が圧倒的な強みを持っていると見られる場合もあります。

「結局自分の意識と努力次第が無ければ専門学校へ行ったところで就職はできない」

当たり前ですが、案外これがわかっていない人は多いです。私の周りにもそういう人たちはいましたし、専門学校へ行くことで安心してだらけてしまう場合もあるので、注意が必要です。

高い学費を払わずとも独学で十分学べる

今の時代、ネットや教本など、世の中には沢山アニメーションの技術の教材が沢山転がっています。

特に、無料で見れる一番の教材は、

アニメです。

アニメ飽和状態と言われている昨今、アニメ業界志望の人達からすると最高に恵まれている環境です。テレビアニメ、劇場アニメ、MV(ミュージック)アニメ等々、様々な種類のアニメが見放題です。

YouTubeでも個人制作アニメを投稿している方、ボカロのMVもプロレベルのハイセンスなアニメーションが最近では増えています。

また、GIFまとめサイトというものもあり、検索するだけで自分が描きたい動きのGIFアニメをすぐ見つけることができ、資料探しにとても便利です。

GIFアニメ好きの画像検索&作成コミュニティ - GIFMAGAZINE
日本最大級のGIFプラットフォーム。映画,芸能人,アニメ,スポーツ,おもしろ,猫,アートの公式GIF画像検索ができて、GIF作成できるGIFMAGAZINE

☝こちらのGIFまとめサイトは公式のアニメ制作会社も多数提携しており、私自身学生時代の資料として大変お世話になりました。

この様に、今の時代、高い学費を払わずとも独学で十分アニメーターとして就職する知識は身に着けつことが可能です。

最終学歴が専門学校卒になる

これは人によると思いますが、専門学校へ行くということは一般職に就きたいと自分の考えが変わったときに選択肢の幅が狭くなってしまいます。

もしも「アニメ業界に興味があるけど迷ってるし他にもやりたい仕事(クリエイター以外)がある。」という考えがあるならオススメはできません。

もちろん一般職に就けなくなるわけではないですが、自分の将来の為にも今一度考えてみてください。

私がアニメーターになる為に専門学校へ行って得たもの

ここまで散々アニメーターになる為に専門学校へ行くべきではないと強く推していきましたが、私が専門学校へ通ったからこそ得た経験について書きたいと思います。

同じ夢・趣味を持つ仲間

専門分野を学べるからこそ、同じ夢や趣味を持つ友達や仲間ができます!

私の場合、自分がオタクであることをあまりオープンにしていなかったため、共通の趣味を持つクラスメイトが沢山いるということが嬉しくてならなかったです。

絵がとっても上手い人、センスが物凄い人、知識が豊富な人等々…同じ活動をしていてもこんなに違うのか!と思い知らされたり一緒に徹夜通話しながら課題を頑張ったりと自分のモチベに繋がる出会いができたのが私にとっては物凄くありがたかったです🎵

現役プロからのリアルな情報・ノウハウ

2つ目の専門学校に行って得たものですが、単純に言うと、

コネができます。

あまりいい表現に聞こえないかもしれませんがコネはめちゃくちゃ重要です。

特にアニメ業界は、基本的にどんな会社も横繫がりなのでパイプは太ければ太いほど就活やアニメ業界内を渡り歩く上で強みになります。

専門学校の講師をしている方は現役プロの方が多いため、リアルタイムで業界についてしれたり、最新の技術を教えてもらえたりします。

現役プロに実際に技術を教えてもらえるチャンスは、専門学校に入らないとなかなか得ることができないため、独学の人に差をつけることができます。

〆切に追われる恐怖

ふざけてないです笑

〆切に追われる恐怖を得られます。

私は以前学校の先生から、

「趣味と仕事の違いは〆切があるということ。」

と聞いたことがあります。

私の中では今でもこの言葉が頭の隅にあります。クリエイターとして技術やセンスはもちろん大切なのですが、実は納期を守る。ということが一番大切です。

まとめ:アニメーターになるには専門学校へ行く「べき」ではないが損はしない

専門学校に通うということは絶対に損はしません。必ず独学の人と差をつけることができるものを得ることができます。

ただ、

アニメーターになりたいから専門学校へ行かなければいけない。

という考えなら今すぐ専門学校へ行くのは辞めた方がいいです。

逆に、本気でアニメーターを目指していて、人脈作りやスキルアップを目指す積極性のある人専門学校へ行くべきです。

結局のところ、自分の努力次第でどうにでもなる、という部分は専門学校へ行っても行かなくても変わらず、平等です。

専門学校へ行くことはあくまで、手段であり目標ではないということを念頭に入れて、もう一度自分の進路について考えて頂けたらなと思います!

みなさんの夢の実現を願っております🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました