【ブラック企業】アニメーターは辛い!経験者が語るアニメ業界の現状

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんは!ひまりです。

前回の初投稿記事で新卒社会人になったのにうつ病を患い会社を辞めた。と言いましたが、今回は一体何の仕事をしていたのか、何があったのか等々…書いていこうと思います。

スポンサーリンク

私、アニメーターをしていました

私はとある理由(いつか記事にできたらと思います)からアニメーターになりたいと思い、アニメーションの専門学校へ通いそこそこ大手の制作会社へ就職しました。

↓アニメーターになる為に専門学校へ行くべきか書いてます!

アニメーターになるには専門学校へ行くべきか
こんにちは!ひまりです【@hima_hutaba】 将来専門職に就きたいという方は誰もが悩んだことがあるであろう進路選び… アニメ業界も同じです。今はアニメ業界の発展のおかげで、全国各地にアニメーションについて学べる専門学校が沢...

アニメーターは辛いしブラックって本当?

断言します。ブラックです。逆にブラックじゃないと言える理由がないのです。

拘束時間が長い

アニメーターは朝は遅いのですが、代わりに夜型の仕事といってもいい程終わりが遅いです。

入社したての私は遅くても終電で帰ることができてましたが、オリエンテーションで「最初はみんなキツイと思うけど夜型の生活に慣れるよう頑張ってね。入社して半年後には徹夜が当たり前になってくるから笑」と上司に言われ震えた記憶があります笑

周りの先輩方も会社に泊まったり朝まで働いていることが多かったです。

収入が少なすぎる

週6で朝から夜まで頑張って私が貰ったお給料は

手取りで5万円以下でした。

ちなみにアニメーターの雇用形態は業務委託がほとんどで、保険にも入れませんし労基も適応されてません

よくこの話を周りの方々にすると全員「え?そんな仕事があるの??」と驚かれます。当たり前ですよね笑

でも実際に、新人アニメーターのほとんどが

月10万円以下の収入で働いています。

私の会社も周りの会社と比べると給料は良い方だったんです。もちろん求人情報を偽っていて騙された、なんてこともありません(聞いた話では入社して実際全然月収が違う!てこともあるそうですが…)。

※新人だからお給料が低く、会社によりますが1、2年後には役職が上がり10万以上貰えます。実際に年収1000万稼いでいる人も極僅かですがいるみたいですね、凄いです。

休日が少ない

私の会社は日曜、祝日休みの週6勤務でした。

最近は週5や月に2回の週6勤務など、比較的良くはなっているらしいですがアニメ業界で週6勤務は別に珍しくもないです。

また、休日出勤している先輩方は当たり前にいました。酷い時には1ヶ月休みがないなんてこともザラらしいです(先輩談)。

人と会話しないまま1日を終えるなんてことも…

人と話すことが大好きだった私にとって一番精神的に参ってしまったのがこれです。

本当に会話が無い!

もちろん仕事中にぺちゃくちゃお喋りしたいという訳ではないのですが、極端に少なすぎる職場が多いです。これは仲が悪いとかじゃないんです、単純に忙しすぎて休み時間すら話してる暇や余裕がないんです。

「おはようございます。」「お先に失礼します。」

しか話さない日々が当たり前でした。というか長くいる先輩ですら同期と話すのは年に一回だけ。と言っていてえ?と思ったこともあります。

私にも同期が何人かいてLINEで会話したり極偶にお昼休みにご飯を食べに行ったり会社にいると息が詰まるという理由で散歩に行ったりしてました。

ですがそれでも段々自分の精神が追い詰められ、結果的に双極性障害(躁うつ病)になってしまいました…

アニメーターになって良かったこと

上記に書いた様な環境にいて結果的に私は躁うつ病を患ってしまい辞めたのですが、もちろん良いことだってあります。

夢がある!

この一言に尽きます。

夢がある、やりがいがある。学生時代、初日の授業で先生が「最高に楽しい地獄へようこそ!」と言ったのを今でも鮮明に覚えています。

実際そうなんです。アニメが好きでアニメを作りたくて絵を描くのが好きなアニメーター志望にとって仕事自体は毎日最高に楽しいです!

また、子供の頃好きだったアニメを作っていた人や、声優さんに会えたり、他にはない経験もできます!

絵が上手くなる

これも、とても良かったです。というか私は元々上手くなるためにアニメーターになったといっても過言ではないです。

絵があまり得意じゃなかった私にとって毎日上手い方の絵を見たりトレース(線をなぞる)ことができる、正に最高の環境でした!

アニメーターはイラストや漫画では描かないような角度、ポーズを描くことが多い(描かなくてはいけない)ので、ある程度のレベルまで画力は底上げされます。

残念ながらアニメーターになってからは忙しくあまりイラストを描けていないので、専門学校卒業前後のイラストになりますが、参考までに私のイラストを載せます。

高校3年生の時のイラストと、専門学校でアニメーション制作を沢山した後のイラストです。

今の私もそこまで絵が上手いわけではないのですが、全く描けなかった高校時代と比べてかなり上手くなったと思います。

私もそうだったのですが、イラストレーターや漫画家を目指している方は一度アニメーターになるのもいいと思います。もちろん相当な覚悟が必要ですが。

アニメーター・アニメ業界に向いている人

ここまで、アニメーターを経験して辛かったこと、よかったことを書いてきました。

では一体どんな方がアニメーターに向いてるのか私なりに考えたり、実際に今もアニメーターをしている知り合いに聞いてみたので、まとめていきたいと思います。

もしアニメーター志望の方がこの記事を読んでいたら参考になれればと思います。

絵を描くことが好き

大前提です。アニメーターになりたいなら絵を描くことが好きじゃなきゃ絶対できません。

え?当たり前じゃない??

て思った方!甘いです。

絵を描くことが好き≠仕事で絵を描くことが好き

なんです!!

自分の好きな物を自由に描くことが好きなだけではなく、人の為、会社の為に自分が好きじゃない物を描いてても楽しいと思える程好きじゃないといけません。

意外と仕事として絵を描くことは嫌いだという方、多いんです。特にアニメーターは自分の絵柄や個性を出すのは入社してから何年も先の話なので最初はキツイと思います。絵を描いている気がしなくなることも多いです。

人との会話が無くても平気

これは個人的にとても思います笑

私のように人と会話することが好きな人からすると、とても辛いことだと思います。

アニメは共同制作ですが、実際に働いてみると共同なのかな…?と思うぐらい毎日が個人戦です。

少しでも多くのお金を稼ぐために黙々と一人で頑張らなければなりません。周りも同じです。

仕事を第一優先に考えられる(欲の少ない人)

周りにいるアニメーター歴何十年の方に聞いた答えがこれでした。

絵を動かすこと以外をいろいろ考える人には向いてない。

社会や賃金や会社や世の中の仕組みに興味が疎い人ほど、向いてるとのことでした。

要するに、仕事以外のことを考えると病みます

経験上、私もそうでした。この先の生活への不安や、親に支援を受けないと働けないことの不甲斐なさ。一般職に就いた友達とは明らかに違う待遇。大好きだったオシャレやメイクをする気力も湧かなくなりオシャレな同年代の女性を通勤中に見て落ち込む日々…

自分で事前に調べていたからわかっていた筈なのに実際働いて見ると「好き」と「楽しい」だけではダメなんだと気づきました。

まとめ:アニメーター・アニメ業界は辛いけど向いてる人もいる!

いかがでしたか?私が実際にアニメーターとして過ごした2ヶ月で経験したり感じたことはこんな感じです。

酷い仕事だと思った方がほとんどだと思います。

でもアニメーターになりたい方は今でも沢山いるんです。なんだかんだ書いてきましたが私も結論的には、

アニメーターになったことを後悔してません!

もし周りにアニメーターになりたいって方がいても止めません。むしろ応援しますし自分にできる限りのアドバイスやサポートもしてあげたいぐらいです。かっこよくて素晴らしい仕事だとも思います

ただ、だからこそ今の労働環境に納得できないんです。

私にはどうすれば環境が改善するのかわかりません。

なのでブログで発信することにしました。

もっと沢山の方々に今の現状を知って頂きたい。そして少しでもよりよい環境になってくれればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました